傀儡とDancin'

妄想の屠殺場


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キックアス/ジャスティス・フォーエバー



キックアス/ジャスティス・フォーエバーを観ました
なかなか痛快、こういうアクション好きだわぁ。

がっつりネタバレあります。基本、好き勝手書くだけ。あらすじも一応書いてみたけど分かりにくい
 
一応前作がキックアス、その3年後らしいです。でもいきなり続編からでも大丈夫な感じ。一応あらすじを

コミックのヒーローそのものではなく、あくまで現実でヒーローの存在が認められている世界。
警察はなにしてん?ってなるけど、ヒーローは警察の手の出せない相手を懲らしめて、警察は法律に沿って取り締まるから、住み分けはできてる。
し、警察もグレーゾーンではあるけどヒーローの行動を善行なら認めているって感じ。

キックアス、普段はちょっとギークな夢見がちな男の子デイヴ。ヒットガールのミンディとコンビを組んで悪者を倒してきたけど、ミンディは義父の「普通の女の子になってほしい」の願いを受け入れて、ヒットガールをやめてしまう。
で、ミンディは高校のクイーン(いじめっ子。ニキビ出来た子に エイリアンの卵みたーい、とか言いそう)につけ込まれて、結局騙されてしまう。
キックアスは、ジャスティス・フォーエバーというヒーローチームに入って活躍をするが、悪人に憧れる金持ち息子クリスに憎まれ、ヒーローチームを壊滅させられてしまう
しかも息子を守るためにキックアスを偽った父が殺され、デイヴもヒーローを辞める決意をする…

自分を偽って辛い思いをしたミンディとデイヴ、ヒーローとしてスーパーヴィランを滅ぼす事を誓う。

ってな感じ。しかし、アメコミヒーロー物で結構陽気な感じで話が進む場面もあるのに、悪人は人をアッサリ殺すし、ヒーローも悪人に対しては辛辣すぎる仕打ちをする。
空が飛べるでもビームを出せるでもなく、ただ身体能力が高いか志が高いだけのヒーローたち。
ただ、警察も手出しできないほどの巨大組織になったスーパーヴィランの基地に乗り込んで大乱闘は燃えた。

そもそもスーパーヴィランのメンバーはサイコパス揃いで相当ヤバい。ヒットガールはスーパーヴィランの紅一点?ムキムキレディと戦うんだが、もともと頭のいいヒットガールのミンディにまんまとやられます。筋肉レディは脳筋でした。

クリスはサメに食われ、スーパーヴィランのメンバーもやられ、確かに悪人集団はなくなりました。しかし、それが正しいのかはヒーローも分からない。けど、自分の正義は守れたのではないでしょうかね。

アクションシーンにクラシックのロックアレンジがかかって、ダサカッコいい。
悪も正義も、かなりの人数が殺されたけど、お父さんのくだりはやりすぎ…泣けてしまう…
せめて重症くらいがよかったんだ、わざわざ暴行シーン挟んできたりも…
ただ、それがあったからこそ、観客が完全に正義サイドになれるわけで。
クリス自体はどこか憎めない青年で、見方によっては決戦を見たときに可哀想と思うんですよ。そこに、デイヴのお父さんやヒーローチームのリーダーに犯した罪がかかってくるからまだスッキリできる。
多分、クリス個人は完全悪にしたくなかったんじゃないかな、あえて悪人として綻びを見せておく事でエンドロール後にオチるから

思ったより長くなった、とてもいい映画だと思います。途中は胸糞悪いけど、ミンディの復讐や最終決戦はスッキリできるからね。
スポンサーサイト

Comments


« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

さぐけん

Author:さぐけん
アタマアイタタ ノーミソヨウカイ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。