FC2ブログ

傀儡とDancin'

妄想の屠殺場


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くちづけで彼女は助かる。たったそれだけで共闘した女は生き延びるのに、彼は微笑して振り返った。
ぶくぶくに肉が膨れ上がり、美しかった影すら残さぬ彼女に化け物だと吐き捨て、踏みつけて彼が去る。
二、三度風が吹いてから、わたしは彼女にかけた幻術を解いた。傷だらけではあったものの、なお美しい娘が横たわる。先ほど微かに感じた生気はもう無い。
愛とは言葉で、言葉は嘘。彼女が彼に宛てた愛の旋律も、彼が彼女に宛てた愛の言葉も、同じ音。
美しい彼女を世界の在り方に任せ、わたし達もその場を去った。
スポンサーサイト

Comments


« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

さぐけん

Author:さぐけん
アタマアイタタ ノーミソヨウカイ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。